危険物取扱者 乙四の資格を取ろう

危険物取扱者乙四の資格取得を目指す人向けのサイトです。法令・基礎科学・消火などテストに出やすい項目を解説、紹介しています

サイトトップ > 基礎的な物理学および基礎的な科学

基礎的な物理学および基礎的な科学

基礎的な物理学および基礎的な科学は以下の項目から出題されます


物理変化、沸点&沸騰、熱量、比熱、熱容量、熱の移動、静電気は重要ポイントです


静電気はその中でも特に重要で、試験では必ず出題されるます

実際に危険物を取り扱う上でも注意しなくてはなりません。

他の項目も大事ですが、特に静電気は完璧に把握しておきましょう

物質の三態

危険物取扱者乙四物質の三態物質は熱したり冷やしたりすると、固体・液体・気体と状態が変化します。このことを物質の三態といいます(例)氷(固体)・水(液体)・蒸気(

物質の三態

融解・凝固・蒸発・凝縮

危険物取扱者乙四融解・凝固・蒸発・凝縮氷が水に変化するように固体が液体に変化することを融解と呼び、液体が固体に変化することを凝固と呼びます液体が気体に変化するこ

融解・凝固・蒸発・凝縮

蒸発熱(気化熱)

危険物取扱者乙四蒸発熱(気化熱)蒸発熱(気化熱)とは液体が1g蒸発する場合に吸収する周辺の熱量を言います。特に水は蒸発熱がとても大きいいので消化活動に使われます

蒸発熱(気化熱)

物理変化

危険物取扱者乙四物理変化物理変化とは物質自体は変化せず状態や形だけが変化することです(例)ドライアイス→二酸化炭素

物理変化

沸騰・沸点

危険物取扱者乙四沸騰・沸点沸騰とは液体を加熱し続けると、液体から気泡が激しく発生します。この状態を沸騰といいます。この時の液体温度を沸点といいます。

沸騰・沸点

熱の移動 伝導・放射(ふく射)・対流

危険物取扱者乙四熱の移動伝導・放射(ふく射)・対流熱の移動は伝導・放射・対流の三種類があります伝導固体を暖めたときに熱が高温の場所から低温の場所に移動する現象で

熱の移動 伝導・放射(ふく射)・対流

比熱

危険物乙四比熱比熱とは物質1gをの温度を1℃上げる時に必要とされる熱量の事を言います。単位はジュールJ/(g・℃)といいます比熱が小さい物質=暖まりやすく冷めや

比熱

密度

危険物乙四密度密度とは物質1cm3あたりの質の事をいい物質の重さを体積でわるとみちびけます密度(g/cm3)=物質の質量(g)÷物質の体積(cm3)水は1気圧で

密度

比重・蒸気比重

比重・蒸気比重比重とは1気圧にて質量の倍数です比重=物質の質量(g)÷物質と同体積の水の質量蒸気比重蒸気比重とは1気圧において同じ体積の空気の質量の倍数です蒸気

比重・蒸気比重

ボイル・シャルルの法則

危険物乙四ボイルの法則温度が均一で圧力を2倍にすると気体の体積が半分になります気体の体積(V)圧力(P)定数(k)(公式)PV=kシャルルの法則圧力が均一の場合

ボイル・シャルルの法則

酸と塩基

危険物乙四酸と塩基酸水溶性で水素イオン(H+)を発生させる物質違う物質に水素イオン(H+)を与えることができる物質塩基水溶性で水酸化物をイオン(OH-)を発生さ

酸と塩基

酸化と還元

危険物乙四酸化と還元酸化とは物質が酸素と結びついて酸化物を作りだすことをいいます。(例)鉄を空気中に放置しておくと酸素と化合して酸化鉄(さび)が発生する還元とは

酸化と還元

有機化合物と無機化合物

危険物乙四有機化合物と無機化合物有機化合物とは分子内に炭素を持っている化合物をいいます(一酸化炭素や二酸化炭素はちがいます)無機化合物とは有機化合物以外の化合物

有機化合物と無機化合物