危険物取扱者 乙四の資格を取ろう

危険物取扱者乙四の資格取得を目指す人向けのサイトです。法令・基礎科学・消火などテストに出やすい項目を解説、紹介しています

サイトトップ > 危険物に関する法令

危険物に関する法令

危険物に関する法令のポイントは大きく分けて3つです。

1  危険物に関する各種申請


2  製造所等の構造


3  設備・貯蔵・運搬取り扱い

覚えることが沢山ありますがすべて覚えるようにしましょう

危険物の定義

危険物乙四危険物の定義危険物いうのは爆発や火災の危険性を持っている個体と液体のことをいい、第1種〜第6種までわかれています。消防法上の危険物には気体はありません

危険物の定義

第四類危険物

危険物乙四第四類危険物第4類での品名・性質・危険物品名指定数量品名性質危険物品名指定数量リットル特殊引火物ジエチルエーテル二硫化炭素50第1石油類非水溶性液体ガ

第四類危険物

屋外貯蔵所に貯蔵しても良い危険物

危険物乙四屋外貯蔵所に貯蔵しても良い危険物第2類の危険物硫黄もしくは硫黄だけを含むもの引火性固体(引火点が0℃以上になるもの)第4類になる危険物第1石油類(引火

屋外貯蔵所に貯蔵しても良い危険物

許可権者と設置場所

危険物乙四許可権者と設置場所許可権者と設置場所についての表です許可権者設置場所市町村長消防本部及び消防署がある市町村の区域知事消防本部や消防署がない市町村市町村

許可権者と設置場所

申請手続と届出事項、期日

危険物乙四申請手続と届出事項、期日危険物を取り扱う製造所に関わる申請と届出など項目申請先手続き製造所の変更、設置市町村長許可仮貯蔵、仮取扱い消防長もしくは消防所

申請手続と届出事項、期日

定期点検対象施設

危険物乙四定期点検対象施設対象施設貯蔵して取り扱える危険物の数量・倍数製造所指定数量の倍数が10倍以上で地下タンクがある施設一般取扱所指定数量の倍数が10倍以上

定期点検対象施設

免状の区分

危険物乙四免状の区分免状の区分取り扱える危険物立会い甲種全種類全種類乙種指定された類指定された類丙種指定された危険物できない

免状の区分

危険物保安監督者を選任する

危険物乙四危険物保安監督者を選任する選任しなくてはならない施設選任しなくて良い施設製造所屋外貯蔵所移送取扱所一般取扱所給油取扱所移動取扱所

危険物保安監督者を選任する

保安対象物と保安距離

危険物乙四保安対象物と保安距離保安対象物保安距離特別高圧架空電線(7000〜35000V以下)水平距離3m以上特別高圧架空電線(35000V超)水平距離5m以上

保安対象物と保安距離

製造所などに必ずいる保有空地の幅

危険物乙四製造所などに必ずいる保有空地の幅・指定数量の倍数が10以下の製造所は3m以上・指定数量の倍数が11以上の製造所は5m以上

製造所などに必ずいる保有空地の幅

運搬の注意事項、混載組み合わせ

危険物乙四運搬の注意事項、混載組み合わせ危険物を運搬をする時は以下の表示は必要です危険物の数量危険物の品名化学式水溶性の表示危険物を貯蔵するにあたっての注意事項

運搬の注意事項、混載組み合わせ

注意事項を表す掲示板

危険物乙四注意事項を表す掲示板掲示板は規定で幅0.3m以上×0.6m以上となってます。移動タンク貯蔵所に限っては幅・長さともに0.3m以上0.4m以下で「危」と

注意事項を表す掲示板

所要単位・能力単位

危険物乙四所要単位・能力単位能力単位とは消火設備などの消火能力を計算する為の基準です種類容量第1類〜第6類の危険物に対応するもの電気設備と第4類以外に対応するも

所要単位・能力単位

措置命令

危険物乙四措置命令措置命令とは市町村長等が危険物の安全管理・違反行為・災害を未然に防止するためにが製造所等の管理者、占有者などにする命令のこと。措置命令該当事項

措置命令